緩い審査のカードローンを利用しよう【安定していることがポイント】

カードの限度額

財布

総量規制で3分の1以下

カードローンの借入限度額ですが、銀行と消費者金融では違いがあります高額の借入をしたい場合は、銀行のほうが限度額が大きいです。消費者金融であると総量規制があるため年収の3分の1以下に借入限度額が制限されています。例えば、税込年収300万円の人であれば最大で借入できる金額が100万円までとなります。それ以上の貸し付けはできないようになっています。これは、1社100万円までではなく取引のある貸金業者すべて含めて年収の3分の1以内までとなります。他社の借入金額は申込み時の申告をしますが、その申告が事実かどうか個人信用情報機関に照会をかけて調査もされます。ただし、年収300万円だから絶対に100万円までカードローンが借りれるということではないのです。あくまで最大借入限度額が100万円までということであり、この金額を上限としていくらまで融資するかは各金融機関の判断によります。そのため、年収の3分の1が100万円だとしても30万円までしかカードローンの借入限度額が用意できないということもあります。また、消費者金融でカードローンを申込みする際ですが50万円以上の借入限度額を希望する場合には収入証明書が必要になります。最新年度分の源泉徴収票や確定申告書、住民税決定通知書、給与明細書であれば直近連続2ヶ月分となります。審査をしたうえで借入限度額が増額できるのですが、借入限度額の増額と同時に金利も引き下げてもらうことができます。