緩い審査のカードローンを利用しよう【安定していることがポイント】

マネー

銀行によって異なります

フラット35の金利は金融機関によって異なります。少しでも手数料を含めた条件が有利な金融機関を選択する必要があり、ホームページなどで借入条件を確認することが必要になります。長期的に金利の推移を見るとマイナス金利政策の影響を受けて低水準にあります。

借りやすい人の特徴

電卓

属性が高い人

カードローンの審査が緩い人、通過しやすい人には特徴があります。その特徴とは、属性が高いことです。属性とは、勤務先や収入、家族構成、お住まい、勤続年数、他社借入れなどのことです。これらの属性を総合的に判断して限度額を決定し融資をしています。それぞれの項目を細かく見ていくと、勤務先で属性が高いとされるのは、公務員です。安定していることがポイントが高く、高い限度額が判定されやすいです。他には上場企業に勤めている、医師や弁護士、薬剤師など士業と呼ばれる人などです。反対にカードローン審査で厳しくなってしまうのが、日雇いアルバイト、完全歩合の営業職、タクシー運転手、水商売などです。収入が不安定とされている職業の方で、借りることはできるのですが、あまり限度額は大きく判定されないです。特に日雇いアルバイトで生計を立てている人は、在籍確認が取れなくて融資が受けられないというケースもあります。審査が緩い条件となるのは、勤続年数や居住年数、電話番号の使用履歴です。同じ職場に長年勤めて、お住まいも変わらず、同じ電話番号を使用している人だと緩い傾向にあります。また、信用情報です、ブラックでも借りることができる、そういった審査が緩いではなく、初めてカードローンを申込みする人はこれまで借入れ経験がなければホワイト、つまりまっさらで信用情報にデータが登録されていない人です。借金がなければ、融資を受けやすいイメージがありますが、少額でもカードローンやクレジットカードで公共料金を支払う等の返済実績がある人のほうが、融資を受けやすい傾向にあります。

住宅模型とお金

低金利・長期間での借入

資金を集める場合には、低金利・長期間であることが重要です。その点、不動産担保ローンであれば、万が一の場合には不動産で返済することができるので、低金利・長期間の借り入れが可能です。ただし、住居などを担保にする場合には、そのリスクに注意しなければなりません。

財布

カードの限度額

カードローン借入限度額は、消費者金融の場合総量規制により年収の3分の1以下に制限されています。年収300万円の人は、最大で100万円まで借入金額が制限されます。また、50万円以上は収入証明書提出が必要です。

メンズ

金融機関をどう選ぶの

カードローンの金融機関選びでは、審査のスピード、金利、パートやアルバイトでも利用できるか、口座不要かなどのポイントがあります。重要視するポイントによっておすすめの金融機関も違うので、自分が何を重要視するのかをよく考えてローン会社選びをしましょう。

クレジットカード

中小消費者金融が人気

中小消費者金融のカードローンの審査が人気な理由は、緩いため大手で断られても借りることができる可能性があるとされているからです。大手であれば、事故情報があれば一発で断りです。中小消費者金融の場合は、債務整理をしても既に返済は終わっているなどの条件で柔軟に対応しています。